目元にしわが!!美容液で何とかなる!?

女性が日常的に肌のお手入れに使う、基礎化粧品といわれるものにはどのようなものがあるでしょうか?

各メーカーやブランドなどによって、その種類、数はかなり違うようですが、基本的なものとしては、化粧水、乳液、クリーム、美容液といったところではないでしょうか。

メイクを落とすためのクレンジング剤、その後洗顔するための洗顔フォームも含まれますね。

男性にとっては、さっぱりわけのわからない話かもしれません。

「化粧品」

といえば、口紅やファンデーションというイメージでしょうから。

そして、これら基礎化粧品の中で、値段の高い物というと、クリームか美容液でしょう。

年齢を重ねていったり、紫外線のダメージが蓄積されていくと、まず気になってくるのはシミ、しわではないでしょうか。

特にパッと見たときの顔の印象で、年齢を感じさせてしまうのは目元、口元のしわやたるみです。

鏡をのぞきこんで、ある日「えっっ!!こんなしわ、あったっけ!?」

という経験のある人も多いと思います。

目元(目じり)の細かいしわ、口元のほうれい線・・・。

大ショックです。

鏡に映った自分の顔、そして昨日までなかった(はず・・・の)目元、口元のしわにショックを受けた時、あなたならどうするでしょうか?

クリームや美容液を買いに走るでしょうか?

まずは、そのしわの原因を考えてみましょう。

皮膚の構造は、表皮・真皮・皮下組織の三層構造になっています。

しわにも、小じわといわれるものと、深いしわとがありますが、小じわは表皮の機能が低下することによって発生し、深いしわは真皮の機能が低下することによって発生します。

また、それ以外にも、急激に体重が減少したことによって肌がたるんでしまい、しわができることもあります。

顔の中でもよく動く目元や口元などは、その筋肉(表情筋)の動きによってしわができることもありますね。

表情の豊かな人にその傾向が見られるようです。

表皮の機能低下による小じわの、一番の原因は肌の乾燥といわれています。

表皮を詳しく図解したものがこちらのサイトで見られます。

即効性がある目元美容液

肌の乾燥というのは、詳しく言うと、表皮の最も上層にある「角質層」

の水分が不足しているという状態のことです。

肌の乾燥を解消するためには、目元美容液だけを塗ればよいのかというと、それだけではないようです。